未経験者からプログラマー転職

ゲームプログラマーの年収と今後の将来性

投稿日:

ゲームプログラマーに憧れている人は多いのではないだろうか。

確かに好きなゲームが作れて、報酬が貰えれば楽しいに違いないだろう。では、ゲームプログラマーの実際のところはどうなのだろうか。年収はどのくらいなのか、将来性はあるのか気になるところだろう。

パソコンや家庭用ゲーム機の時代から、インターネットを利用した携帯用ゲームまで、最近のゲームの幅は広がっている。今回はそんなゲームプログラマーの実態に迫ってみた。

ゲームプログラマーとは

もちろんコンピュータ上で動くゲームを作るのが仕事だが、細かく分けるといくつかの作業がある。一つのゲーム制作には、シナリオ、グラフィックデザイン、サウンド等の多くの要素が絡んでくる。それを最終的にゲームとして仕上げるのがゲームプログラマーの仕事になる。

シナリオライターやデザイナー、サウンド担当者などの意向を十分に反映させたものを作り上げるためには、それなりのコミュニケーション力やスケジュール管理能力も必要になる。

ゲームプログラマーの種類

ゲームを作ることには変わりはないが、遊ぶ媒体によって大きく2つに分類される。

コンシューマゲームプログラマー

家庭用ゲーム機や、パソコン用ゲーム制作に関わるプログラマーである。家庭用ゲーム機は、ハードも高性能なものが多く、必然的にゲームも高度なグラフィックや重厚なサウンドを駆使したハイクオリティなもの要求される。

ゲーム制作には言語もハイスペックなものが要求される。ゲーム制作はグラフィックやサウンドを扱うため、その他のアプリケーションと比べて、制作の難易度は高い、そのため製作期間も長くなる傾向にある。当然開発費用も大きなものになるため、結果としてゲームとしてのクオリティーは高いものとなる。

ソーシャルゲームプログラマー

スマートフォン向けのゲームアプリの開発を行うプログラマーである。スキルとしては、コンシューマゲームプログラマー程は必要ないが、最近のスマートフォンの高性能化に合わせて、ソーシャルゲームもハイクオリティのものが多くなってきた。

ソーシャルゲームは無料(広告収入)あるいは、有料でも低単価なものが多い。手軽に入手できるため、ユーザー数の多さが重要になる。

ゲームプログラマーが覚えておきたい言語

ゲームプログラミング言語は、最近ではスマートフォン向けのゲームなどで使用されている言語を中心にその数は増えている。どのような言語が使われているのかを見ていこう。

C++

C言語の機能拡張版として、広く普及している言語である。コンシューマ向けゲームは、そのハードの性能に見合った高速性が要求されるので、言語もハイスペックなものを使用している。ハード制御向きのC++は最もゲーム向きの言語と言えるだろう。

しかし、使いこなすには難易度も高いのが難点であり、理解にはそれなりの努力を要するだろう。

C#

C言語ファミリーであるが、C++よりは、取り組みやすいだろう。オブジェクト指向であるが、比較的理解しやすく、簡潔にコーディングできる仕様になっている。ゲーム作成支援アプリであるUnityでも使用されている。ゲーム制作では人気の言語である。

Java

組み込み系から大規模システムまで、万能的に使われている言語である。ゲーム制作においても十分に対応できるので、スマホアプリを中心にJavaで開発が行われている。

講師が選ぶ!Javaが学べるオンラインプログラミングスクール3選

水瀬この記事は、プログラミング講師が執筆しています。 Java言語は安定した人気の言語で、転職市場の需要も高い。(2019年4月現在) Javaプログラマーを募集している求人も多く、今からプログラマー ...

続きを見る

JavaScript

Web系アプリでよく使用されている言語であるが、ゲームでもブラウザ上で動くゲームを中心に使用されている。難易度は低い方なので、JavaScript単体では出来ることが限られてくるが、ゲーム作成用のライブラリなどを組み合わせることで可能性が広がる。

Ruby

最近人気の言語であるが、こちらもスマホ向けゲームでの開発例が増えてきた。サーバ側で実行されるゲーム作成にも向いている。コーディングについては、元々ゲーム向けのC#などより、作りこむ必要がある。

Swift

Apple社が開発したプログラミング言語である。iOS向けのアプリ開発に威力を発揮する。プログラミングの難易度は少々高めであるが、iPhoneでの機能をフルに生かしたアプリが作れるのがメリットである。

ゲームプログラマーになるには?おすすめのプログラミング言語の紹介

プログラマーといえば、会社で使用される通常のシステム開発を行う人をイメージするかもしれないが、ゲームのソフト開発を行う、「ゲームプログラマー」も人気の職種だ。 ただ、ゲームプログラマーは、キャラクター ...

続きを見る

 

年収はどのくらいか

近年のゲーム業界での平均年収は600万円前後となっている。(年収ラボhttp://nensyu-labo.com/より)中には1,000万円を超えている会社もあるが、ごく一部である。

ゲームプログラマーとしての年収を考えた場合は、もっと下がるだろう。平均して400万円~500万円というところだ。それでも、一般的なサラリーマンに比べると良い方だといえる。

基本給は確保されるが、ゲーム業界も波がある、作品がヒットすれば、ボーナスも多くなるが、そうでなければボーナス減額もありうる。ただ、平均すればそこそこの年収と言えるだろう。

また、企業に所属せずフリーランスとして働く方法もあるが、フリーランスでも同じくらいの年収を得ることは可能である。

しかし、フリーランスの場合、安定した収入を得ることは大変で、複数のクライアントから常時仕事依頼を受けられるくらいのスキルが必要になるだろう。

ゲームプログラマーになるには

では、ゲームプログラマーになるにはどうすればよいのだろうか、いくつかの方法があるので紹介しよう。

専門学校で学ぶ

ゲーム開発系の学科がある専門学校で学ぶのが、一番の近道となる。学科によって2年~4年程度学ぶ必要がある。専門学校の2年間は考えているよりも短い。最初からしっかりとした意志をもって勉強しないと、何も成果を得ないで卒業ということもありうる。

専門学校では就職もサポートしてくれるので、ゲーム業界に就職したいのであれば、最初から就職希望を明確にしておくべきだ。授業では、ゲーム作品作りの実習や、ソフト会社にインターンシップで研修に行くこともある。

大学で学ぶ

大学で情報系の学部に入学することで、プログラミングの実習ができる。ゲーム開発はサークル活動ができればよいだろう。大学からの新卒採用の場合は、プログラミングスキルよりは、社交性や適応力などが重視されるので、総合的に人間力の高い人が採用されやすい。

プログラミングについては、入社後の研修で学ぶことができる。有名大学であればなお良いだろう。

独学でゲームプログラマーを目指す

特にゲーム/情報係の学歴がない場合は、独学でゲームプログラマーを目指す方法もあるが、その場合は作品提示ができるくらいのスキルが必要だ。ゲームプログラミングの書籍や、オンラインスクールの活用など、学習環境はある。しかし、何事も独学は根気が必要で、分からないところも自分で解決していかなければならない。

ゲームに限らず、プログラマーには「忍耐力」が必要だ。なぜならプログラムにエラーやバグは付き物だからだ。1回目のコーディングでテスト完了ということはまず無い。独学でもこの忍耐力が要求される。

Unityの存在

皆さんはゲームエンジンとも言われている「Unity」というゲーム作成支援アプリをご存知だろうか。2Dはもちろん、高度な3Dグラフィックを使ったゲームも作成可能な便利なアプリケーションである。

画面上にプログラムに必要な画像を配置したり、キャラクターの動きを簡単な操作で設定できたりできる画期的なアプリである。

最近ではこのUnityを使ったゲーム作成をしている会社もあるくらいである。実際にスマートフォン向けのゲームアプリなどはUnityで開発している例も増えている。Unityを使うことで、ゲーム開発のハードルがかなり下がった印象を受けるくらいだ。

ただし、このUnityはあくまでゲーム開発の手助けをしてくれるものであり、実際にはコーディングが必要である。Unityは主にC#でスクリプトを作成できるようになっている。大まかな処理はUnityに任せて、細かな設定はスクリプトで設定しなければならない。あくまで、従来の開発手法からはコーディングの量を減らすことができるものと認識しておいたほうがいい。

とはいえ、ゲームプログラマーとして、Unityを有効活用しない手はない。基本機能なら無料で使えるので、まだ使ったことがないのであれば、是非インストールしておくことをお勧めする。

ゲームプログラマーの将来性

ゲームの世界も浮き沈みが激しい世界である。しかし、スキルがあれば、仕事はできる。スマホの普及でソーシャルゲームもなくてはならないものになっている。

また、新しい視点のゲームが登場することでヒット作が生まれる可能性もある。プログラマーとしては、考えたことをゲーム上で表現できるスキルを常に養っておくことが大切となってくる。

プログラミングスクールを探すプログラマー転職成功率UPのポイント
未経験者におすすめのプログラミング言語プログラマーの仕事内容を知る
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
水瀬

水瀬

当サイトの管理者。ITエンジニア系の職業訓練講師として、約15年間・1000人以上の転職希望者への教育と転職支援を行う。(職業訓練指導員免許 保有) 現在はフリーランスとして、プログラマーの新人教育・プログラミング講師・キャリア形成支援・Webサイト運営を行っている。(取得言語:C+/Java/PHP/Ruby/HTML/CSS/Javascriptなど)

よく読まれる人気記事

1

無料プログラミングスクールは「無料でITエンジニアに必要な知識が学べる」「仕事の紹介もしてくれる」という、未経験者からプログラマーを目指す人にとって、有難いサービスである。 しかし、無料となると逆に「 ...

2

  水瀬この記事は、プログラマー転職の専門講師が執筆しています。 ひと昔前は、転職と言えば相談出来るところがハローワークしか無かった。 もちろん現在も、ハローワークは転職するために必要不可欠 ...

3

水瀬本記事は、プログラマー転職の講師が執筆しています。 私はプログラマー育成の講師として、未経験者に10年以上「プログラミング教育」と「転職のサポート」を行ってきた。 その中で「30代未経験者」がプロ ...

4

水瀬この記事は、プログラマー転職の講師が執筆しています。 プログラマー養成の講師である私は、多くの未経験者からプログラマーへの転職を支援してきた。 その中には、ニートの方もいる。 長い人では、8年間の ...

5

水瀬この記事は、フリープログラマーであり、プログラマー育成講師である筆者が記載しています。 プログラマーへの転職を目指す方で、将来フリーランスを希望する人も多い。 ちなみにプログラマー育成講師をしてい ...

6

松浦この記事は、現役女性プログラマーの「松浦」が執筆しています。 私は、フリーランスプログラマーとして息子2人(小学3年・1年)を子育て中のアラフォー主婦です。 以前は販売職として働いていた私ですが、 ...

-未経験者からプログラマー転職

Copyright© プログラマーやWebデザイナー目指すなら職業訓練はやめとけ , 2019 All Rights Reserved.