未経験者からプログラマー転職

ニートから脱却には、プログラミングの勉強がおすすめ

投稿日:

大学を卒業したものの仕事につかず、求職もしないで生活している、いわゆる「高学歴ニート」が増えてきている。

仕事に就かない、あるいは就けない理由は幾つかあるだろうが、その中でもコミュニケーションに不安を感じている場合が多いのでないだろうか。

今回はニートからプログラマーになるためには何が必要か、どうすればよいかを探ってみる。

ニートはプログラマーに向いているのか

ニートはプログラマー向きだと言える。その理由はプログラミングは基本的に孤独な作業だからである。

もちろんチーム作業で話し合わないといけない場面もあるが、コーディング、デバッグは単独の作業となる。それでもどうしても自分で解決できない場合は上司、先輩・同僚などに聞くしか無いが、そのようにしてコミュニケーションを取れば自然にできるはずである。

また、プログラマーには学歴は関係ない。プログラミングさえできれば、後は最小限のコミュニケーション能力があれば、仕事はできる。もちろん、プログラミングの能力は示させねばならないが、それさえできれば就職できる可能性は高い。

背景には少子化の影響もあり、プログラマーの人材不足という理由もある。才能があれば、積極的に採用したいという会社はあるはずだ。

ニートからのプログラミング勉強法

ニートからプログラマーになるためには、独学、又はスクールに通うなどの方法がある。それぞれの特徴を見ていこう。

独学でプログラミングを勉強する

独学でプログラミングを学び作品を創り、就職につなげる方法がある。独学なので費用は最小限に抑えることができるだろう。デメリットとして時間がかかるという点が挙げられる。

独学なので解らないことがあっても、自分で解決をしなければならない。何ということはないエラーやバグでも解決するのに、予想以上に時間がかかってしまう場合がある。独学でも適応力が高い人であれば、それなりのスキルを身に付けることができるだろう。

スクールを利用する

学習の費用は独学よりもかかるが、結果的にスクールを利用した方が、効率よく学習ができる。実際に教室に通っての授業を受けるのが一番良いが、自信の無い方は、オンラインスクールという方法もある。

オンラインの方が実際に通うより安価で、時間も好きな時間に受講できるというメリットがある。オンラインでもサポート体制はあるので、解らない事はメールやオンラインチャットなどで聞くことがきるので、独学よりは効率がよい。

ニートからプログラマーを目指す!注意点と成功のポイント【転職プロのアドバイス】

水瀬この記事は、プログラマー転職の講師が執筆しています。 プログラマー養成の講師である私は、多くの未経験者からプログラマーへの転職を支援してきた。 その中には、ニートの方もいる。 長い人では、8年間の ...

続きを見る

ニートがプログラミングを勉強するメリット

プログラマーを目指すにおいて、ニートならではの強みがあるのではないか。プラスになる点を考えてみよう。

ニートは時間がある

プログラミングでなくても、勉強する時間があるのは強みである。時間を有効に使うことができれば、プログラマーへの道もぐっと近くなるだろう。ただ、時間管理ができないと、かえって効率が悪くなることは意識しておくべきだ。

個人作業が多い

前述ようにプログラミングは基本的に個人差業が多いので、仕事に集中できる環境があれば、ニート経験者にとっても好都合ではないだろうか。実はプログラマーになる人は、この個人差業が向いている人が多い。

仕事に必要な最小限のコミュニケーション能力さえあれば、あとはプログラミングに集中すればよいのである。

ニートからプログラマーを目指す!注意点と成功のポイント【転職プロのアドバイス】

水瀬この記事は、プログラマー転職の講師が執筆しています。 プログラマー養成の講師である私は、多くの未経験者からプログラマーへの転職を支援してきた。 その中には、ニートの方もいる。 長い人では、8年間の ...

続きを見る

 

就職が直ぐ決まらない場合

もちろん求人に応募しても、不採用になることもある。場合によっては何社も不採用になって落ち込むことになる。その場合は一旦落ち着けるために、特に希望する会社がある場合を除いて、求職活動を止めてもかまわない。

大事なことは、不採用になった原因を自分なりに分析しておくことだ。特に面接試験の対応は重要だ。なぜ仕事をしていないのか、などニートになった理由を聞かれることもある。家族や友人に頼んで、面接練習をしておくことをお勧めする。聞かれそうな質問事項を想定して、予め練習しておくのだ。

不採用になって落ち込むなというのも無理な話だが、仕方がないと割り切って、反省点を修正して次に進むべきだ。一度の採用試験で合格することの方が稀なのである。世の中には就職活動で、何社も落とされた人はたくさんいるはずだ。苦労しているのは自分だけではないと考えて、とにかく前に進まないと、何も決まらないことを肝に銘じておこう。

ニートからプログラマー

一般的にニート期間が長くなるほど、就職は難しくなる。その間何をしていたかという説明が、次第に困難になる。なので、できるだけニート期間は短い方がよい。

ニートから抜け出したいという気持ちがあるなら、あなたはその時点でニートではない。なぜなら、就職の意思があるからだ。後は行動あるのみである。その行動が上手くできずに悩んでいる人も多いだろうが、その一歩が踏み出せるか、出せないかで人生が変わることをかんがえたら。やるしか無いと腹をくくることだ。

幸いプログラマーはニートからの就職・転職には向いている職業だ。後から後悔しないためにも、今できることをためらわないでしていくことが、ニートからの脱出につながる。

ニートからプログラマーを目指す!注意点と成功のポイント【転職プロのアドバイス】

水瀬この記事は、プログラマー転職の講師が執筆しています。 プログラマー養成の講師である私は、多くの未経験者からプログラマーへの転職を支援してきた。 その中には、ニートの方もいる。 長い人では、8年間の ...

続きを見る

プログラミングスクールを探すプログラマー転職成功率UPのポイント
未経験者におすすめのプログラミング言語プログラマーの仕事内容を知る
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
水瀬

水瀬

当サイトの管理者。ITエンジニア系の職業訓練講師として、約15年間・1000人以上の転職希望者への教育と転職支援を行う。(職業訓練指導員免許 保有) 現在はフリーランスとして、プログラマーの新人教育・プログラミング講師・キャリア形成支援・Webサイト運営を行っている。(取得言語:C+/Java/PHP/Ruby/HTML/CSS/Javascriptなど)

よく読まれる人気記事

1

無料プログラミングスクールは「無料でITエンジニアに必要な知識が学べる」「仕事の紹介もしてくれる」という、未経験者からプログラマーを目指す人にとって、有難いサービスである。 しかし、無料となると逆に「 ...

2

  水瀬この記事は、プログラマー転職の専門講師が執筆しています。 ひと昔前は、転職と言えば相談出来るところがハローワークしか無かった。 もちろん現在も、ハローワークは転職するために必要不可欠 ...

3

水瀬本記事は、プログラマー転職の講師が執筆しています。 私はプログラマー育成の講師として、未経験者に10年以上「プログラミング教育」と「転職のサポート」を行ってきた。 その中で「30代未経験者」がプロ ...

4

水瀬この記事は、プログラマー転職の講師が執筆しています。 プログラマー養成の講師である私は、多くの未経験者からプログラマーへの転職を支援してきた。 その中には、ニートの方もいる。 長い人では、8年間の ...

5

水瀬この記事は、フリープログラマーであり、プログラマー育成講師である筆者が記載しています。 プログラマーへの転職を目指す方で、将来フリーランスを希望する人も多い。 ちなみにプログラマー育成講師をしてい ...

6

松浦この記事は、現役女性プログラマーの「松浦」が執筆しています。 私は、フリーランスプログラマーとして息子2人(小学3年・1年)を子育て中のアラフォー主婦です。 以前は販売職として働いていた私ですが、 ...

-未経験者からプログラマー転職

Copyright© プログラマーやWebデザイナー目指すなら職業訓練はやめとけ , 2019 All Rights Reserved.