プログラマーの仕事内容

今プログラマーが不足してるって本当?嘘?

更新日:

今プログラマーが不足してるって本当?嘘?

今や大企業の業務システムから、スマホのアプリまで、電子機器がないと、あらゆる分野で支障をきたす世の中だ。

そこには必ずソフト(アプリ)が必要で、それは誰かがプログラミングしたものだ。

今、そのプログラミングと担う「プログラマー」の数が不足していると言われているが、はたして本当なのであろうか?

様々なデータから導きだされる結果から検証してみた。

プログラマー不足と言われている根拠とは?

経済産業省発表の調査結果では、2019年をピークに、産業人口は減少傾向になると予測されている。

IT企業に所属する人材だけでみても、2015年で13.2万人が不足しているとされている。更に2020年には、29.6万人まで不足数が拡大すると予測されている。

このようにIT関連の技術者は、将来的にも不足すると予測され、技術者の育成・確保が急務になっているのが現状だ。

(引用:経済産業省27年度調査レポート「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果について」)

技術者不足の原因は?

では、なぜプログラマーやIT関連の技術者が不足傾向にあるのか、その原因を探ってみたい。

少子化の影響

一人の女性が出産する子供の数の平均値である「合計特殊出生率」は2005年の1.26を底として、徐々に上昇しているが2016年度は1.44となっている。

この数値は先進国の中でも低い方で、今後大きな上昇は見込めそうにもない。

15歳~60歳までの生産年齢人口は。特に若年層を中心に、今後も減少が続くとみられ、IT業界に限らず、どの産業も人手不足が予想される。

IT業界の拡大

今やどのような業界であってもIT無しでは、仕事ができない。例えば医療機関においても電子カルテ化が進み、システム管理が必要になっている。

存のシステムのメンテナンスはもちろん、Webを中心に企業・個人を問わずサービスは拡大する一方である。

このように、仕事そのものは増え続けているのに、それに見合った人材を確保できていないのが現状である。

仕事量の増大と賃金格差

人材不足ということは、それだけ一人一人の負担が増えているということだ。

多様なシステム要件を満たすために、時にはスキルにマッチしない仕事をこなさなくてはいけなくなるなど、仕事の過酷さは増しているのにもかかわらず、待遇面では仕事に見合った給料が支払われていないなど、敬遠さてしまうような問題を抱えてしまう場合もある。

ちょっと待って!本当に不足しているの?

経済産業省発表の調査をベースに説明してきたが、ここでもう一度、本当にプログラマーが不足しているのか考えてみたい。

経産省の調査はあくまで、企業に雇用されている人材の数である。フリーランスで仕事を受けているプログラマーは数に含まれていない。特に最近ではクラウドソーシングで仕事する人も増えてきた。

フリーのプログラマーがどれだけいて、どれだけの仕事量をこなしているかを把握するのは困難だが、一定数存在することは間違いない。ある程度の技量があれば、フリーで活躍する方が収入が良かったりする。

なので、一概には不足しているとは言えない側面もあるが、雇用者ベースでは減少傾向にあるということだろう。

今こそプログラマーを目指す時代!?

IT技術者の減少傾向が続くとなれば、これからプログラマーを目指せば、仕事はあるということだ。今後プログラマーを仕事に考えている人はチャンスと捉えてもいいだろう。

プログラマーを目指すなら、専門学校などで勉強するのが一番の近道だが、幸いWeb上でも学習環境は整っている。

学ぼうとすれば、情報はいくらでも手に入る時代だ。スキル次第で収入アップも望めるだろうし、場合によっては、将来起業する、またはフリーランスで仕事をするなどの夢も持てるだろう。

プログラマーという仕事の将来性はあるか?講師が解説

コンピュータが開発されて以降、プログラマーという仕事は飛躍的に進化してきた。 今後も進化を続けるIT業界の中で、プログラマーという仕事はこれからも安定した職種として存在していくのか? 今からプログラマ ...

続きを見る

まとめ

これからプログラマーを目指そうとしている人にとっては、追い風が吹いているともいえるが、技術者不足がこのまま続けば、過酷な仕事が待っている可能性もある。

しかし、技術者不足の影響を受けて最近では、子供の頃からプログラミングに親しめる教材作りや、中学・高校でもIT関連の授業の増加など、技術者増加への取り組みはすでに始まっている。

プログラマーといっても、Web系、オープン系、汎用系、ゲーム系、組み込み系など多様な仕事がある。まずは、自分で目標を立てて、目指すプログラマー像を描いてみることから始めてみていかがだろうか。

転職支援付き、無料プログラミングスクールの徹底比較【転職プロが解説】

無料プログラミングスクールは「無料でITエンジニアに必要な知識が学べる」「仕事の紹介もしてくれる」という、未経験者からプログラマーを目指す人にとって、有難いサービスである。 しかし、無料となると逆に「 ...

続きを見る

プログラミングスクールを探すプログラマー転職成功率UPのポイント
未経験者におすすめのプログラミング言語プログラマーの仕事内容を知る
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
水瀬

水瀬

当サイトの管理者。ITエンジニア系の職業訓練講師として、約15年間・1000人以上の転職希望者への教育と転職支援を行う。(職業訓練指導員免許 保有) 現在はフリーランスとして、プログラマーの新人教育・プログラミング講師・キャリア形成支援・Webサイト運営を行っている。(取得言語:C+/Java/PHP/Ruby/HTML/CSS/Javascriptなど)

よく読まれる人気記事

1

無料プログラミングスクールは「無料でITエンジニアに必要な知識が学べる」「仕事の紹介もしてくれる」という、未経験者からプログラマーを目指す人にとって、有難いサービスである。 しかし、無料となると逆に「 ...

2

  水瀬この記事は、プログラマー転職の専門講師が執筆しています。 ひと昔前は、転職と言えば相談出来るところがハローワークしか無かった。 もちろん現在も、ハローワークは転職するために必要不可欠 ...

3

水瀬本記事は、プログラマー転職の講師が執筆しています。 私はプログラマー育成の講師として、未経験者に10年以上「プログラミング教育」と「転職のサポート」を行ってきた。 その中で「30代未経験者」がプロ ...

4

水瀬この記事は、プログラマー転職の講師が執筆しています。 プログラマー養成の講師である私は、多くの未経験者からプログラマーへの転職を支援してきた。 その中には、ニートの方もいる。 長い人では、8年間の ...

5

水瀬この記事は、フリープログラマーであり、プログラマー育成講師である筆者が記載しています。 プログラマーへの転職を目指す方で、将来フリーランスを希望する人も多い。 ちなみにプログラマー育成講師をしてい ...

6

松浦この記事は、現役女性プログラマーの「松浦」が執筆しています。 私は、フリーランスプログラマーとして息子2人(小学3年・1年)を子育て中のアラフォー主婦です。 以前は販売職として働いていた私ですが、 ...

-プログラマーの仕事内容

Copyright© プログラマーやWebデザイナー目指すなら職業訓練はやめとけ , 2019 All Rights Reserved.