プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事とは「1日の流れを紹介」

更新日:

プログラマーの仕事とは「1日の流れを紹介」

プログラマーは基本的に事務仕事になるので、コンピューターと向き合っている時間が長い。

しかし、それだけではなくクライアントとの打ち合わせや、挨拶回り、ソフトの使用方法の説明、設定作業などで外出することもある。

今回はプログラマーを目指す方向けに、プログラマーの一日を仕事の流れを時間帯に区切って紹介していく。

転職支援付き、無料プログラミングスクールの徹底比較【転職プロが解説】

無料プログラミングスクールは「無料でITエンジニアに必要な知識が学べる」「仕事の紹介もしてくれる」という、未経験者からプログラマーを目指す人にとって、有難いサービスである。 しかし、無料となると逆に「 ...

続きを見る

プログラマーの1日とは?

プログラマーは、基本的には一つのプロジェクトが終了すると、また次のプロジェクトの開発に入る。

そのため、「プロジェクトの納期前の忙しい時期」と「次のプロジェクトの開発に入る前の合間の時期」とがある。SEがクライアントとの要求定義折衝などが長引けば、仕事に空白ができる場合もあるのだ。

そこで今回は、「繁忙期の1日」と、「開発の合間の時期」のプログラマーの1日の仕事例を紹介する。

また、少なくはあるが「シフト勤務で働くプログラマー」の1日も見て行こう。

繁忙期の1日

プログラマーの1日(繁忙期)

プロジェクトの納期が迫っている繁忙期の1日。

開発の進捗状況が思わしくないなど、スケジュール通りに開発やテストが進んでいない場合は、残業時間も多くなる。

9:00 出勤

  • 出社すると、直ぐにメールチェック。返信が必要なものは直ぐに返事を書く。
  • その日のスケジュールをチェックして、業務開始。
  • 納期が迫っている場合は、テストとデバッグの繰り返しになることが多い。

12:00 昼食休憩

  • 忙しい時は、昼食を食べたら直ぐに仕事に戻ることもある。
  • 午後に備えて昼食はしっかりと取っておく、場合よっては仮眠を取ることもある。

13:00 業務再開

  • 午前中の続きで、プログラムの問題点のチェック。コーディングのミスを注意深く探す。
  • 単体テストが完了して、他に開発が遅れているプログラムがあれば、そちらのコーディングを進める。

15:00 進捗ミーティング

  • 上司や開発チームのメンバーと、コーヒーブレイクを兼ねた、ミーティングを行う。
  • お互いの進捗状況を確認しあい、スケジュール調整・確認を行う。

18:00 定時・夕食休憩

  • この後も残業する予定なら、夕食休憩を取る。
  • 弁当や外食することもある。社内食堂があるなら、そちらを利用する。

19:00 業務再開

  • 夜になってくると、進捗が悪くなる傾向にあるので、コードレビューなどをしっかりと行う。

22:00~ 深夜残業

  • 進捗状況によって、深夜残業するまでもない場合は、この時間で業務終了し帰宅する。
  • 更に業務を続ける場合は終電の時間が目安になる。
  • 進捗に余裕のない場合は、徹夜作業になるここともある。

開発の谷間の1日

プログラマーの1日(開発の合間)

一つのプロジェクトが終了した後、次のプロジェクトがスタートするまでの間が少し空くことがある。

この時期はプログラマーにとってスキルアップするための時間として有効に使いたい

9:00 出勤

  • 出社すると、直ぐにメールチェック。返信が必要なものは直ぐに返事を書く。
  • 次のプロジェクトのシステム概要などがあれば、チェックし準備をする。
  • 多くの言語に対応できるように、新しい言語の勉強をする。

12:00 昼食休憩

  • 余裕があれば、産業新聞やWeb検索などで、最新の技術動向や、業界の事情をチェックしておく。

13:00 業務再開

  • 過去に開発したプログラムのブラッシュアップや、新しいシステムで使えるように改良を加えるなど、コーティングの見直しなどを行い、バージョンアップできるものないか、チェックする。

15:00 コーヒーブレイク・ミーティング

  • 時間が合えば、SEなどと新プロジェクトの開発ミーティングを行う。

18:00 定時・帰宅

  • プロジェクト終了直後であれば、打ち上げ会などに参加することもある。

シフト勤務の場合

プログラマーの1日(シフト勤務の場合)

あまり多くはないが、クライアントに出向しての開発の場合、クライアントの都合で夜間に開発しなければならないこともある。

17:00 出勤

  • 夕方から勤務に入るため、早めの夕食を取っておく。
  • 当日の作業を確認し、業務開始。

21:00 夜食休憩

  • 夜食を兼ねて休憩をとる。仮眠することもある。

22:00 業務再開

  • 深夜残業に入る。疲れが出やすい時間帯なので、慎重に作業をする。

1:00 深夜休憩

  • コーヒーブレイクで目を覚ます。

3:00 業務終了・仮眠

  • これ以上の作業は作業効率も落ちるので、作業終了とする。
  • 始発電車の時間まで仮眠を取る。

まとめ

新人プログラマーの場合、仕事で一番時間を取られるのはデバックである。特に新人の間はバクの量が多くなるのは仕方がない。

やはりどんな仕事でもそうだが、知識と経験を積まないと一人前にはなれない。それと、常に勉強する姿勢も必要だ。

仕事を増やすためには、新しい言語も覚える必要もあるし、最新の技術にも対応していかなければならない。吸収力がプログラマーにとって大切なのだ。

転職支援付き、無料プログラミングスクールの徹底比較【転職プロが解説】

無料プログラミングスクールは「無料でITエンジニアに必要な知識が学べる」「仕事の紹介もしてくれる」という、未経験者からプログラマーを目指す人にとって、有難いサービスである。 しかし、無料となると逆に「 ...

続きを見る

プログラミング初心者が副業で月5万円稼ぐレベルになるまで【最適な言語と勉強法】

水瀬この記事は、フリーランスで働くプログラミング講師が執筆しています。 プログラミングは、副業として取り組み易い仕事である。 初心者でも簡単なプログラミング言語から勉強を始めれば、副業として十分成り立 ...

続きを見る

プログラミングスクールを探すプログラマー転職成功率UPのポイント
未経験者におすすめのプログラミング言語プログラマーの仕事内容を知る
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
水瀬

水瀬

当サイトの管理者。ITエンジニア系の職業訓練講師として、約15年間・1000人以上の転職希望者への教育と転職支援を行う。(職業訓練指導員免許 保有) 現在はフリーランスとして、プログラマーの新人教育・プログラミング講師・キャリア形成支援・Webサイト運営を行っている。(取得言語:C+/Java/PHP/Ruby/HTML/CSS/Javascriptなど)

よく読まれる人気記事

1

無料プログラミングスクールは「無料でITエンジニアに必要な知識が学べる」「仕事の紹介もしてくれる」という、未経験者からプログラマーを目指す人にとって、有難いサービスである。 しかし、無料となると逆に「 ...

2

  水瀬この記事は、プログラマー転職の専門講師が執筆しています。 ひと昔前は、転職と言えば相談出来るところがハローワークしか無かった。 もちろん現在も、ハローワークは転職するために必要不可欠 ...

3

水瀬本記事は、プログラマー転職の講師が執筆しています。 私はプログラマー育成の講師として、未経験者に10年以上「プログラミング教育」と「転職のサポート」を行ってきた。 その中で「30代未経験者」がプロ ...

4

水瀬この記事は、プログラマー転職の講師が執筆しています。 プログラマー養成の講師である私は、多くの未経験者からプログラマーへの転職を支援してきた。 その中には、ニートの方もいる。 長い人では、8年間の ...

5

水瀬この記事は、フリープログラマーであり、プログラマー育成講師である筆者が記載しています。 プログラマーへの転職を目指す方で、将来フリーランスを希望する人も多い。 ちなみにプログラマー育成講師をしてい ...

6

松浦この記事は、現役女性プログラマーの「松浦」が執筆しています。 私は、フリーランスプログラマーとして息子2人(小学3年・1年)を子育て中のアラフォー主婦です。 以前は販売職として働いていた私ですが、 ...

-プログラマーの仕事内容

Copyright© プログラマーやWebデザイナー目指すなら職業訓練はやめとけ , 2019 All Rights Reserved.